第2回勉強会

第2回勉強会テーマ「もっと知ろう!犬のワクチンについて」

 12月8日、第2回JAPDT勉強会が開催されました。今回の勉強会のテーマは犬のワクチンでした。ワクチンについての議論はまず正しい知識から。獣医大学講師である大谷先生からはワクチンの仕組みについて、そして動物病院で活躍される藤井先生からは実際の動物医療現場での実情を含めたお話をいただきました。 

report1 

続いて質問タイム。参加された皆様からは普段から疑問に思っていることがたくさん挙がり、中にはかなり突っ込んだ質問も出ました。 現在一般的に使われている数あるワクチンの違いや、海外と日本での違いだけでなく、獣医師さんの本音、実際どこまでが科学的に解っていることなのか等、ト レーナーとして飼い主さん指導にも役立つ知識がたくさん詰まった90分でした。少人数だったことも手伝って、参加された方からも色々とご発言頂き、とても 有意義な勉強会にすることができました。

report2 report4

講師:藤井仁美(ふじい ひとみ)

獣医師・ペット行動カウンセラー・しつけインストラクター。JAPDT事業企画委員。
1990 年、東京農工大学農学部獣医学科を卒業後、都内の動物病院に勤務。
1995 年にシンガポールへ渡航。マウント・プレザント動物病院に勤務。
1998 年渡英。ロンドンのメディベット動物病院に勤務。後に同病院の獣医行動アドバイザーとなり、しつけ相談・子犬クラス・ペットのストレス対策のアドバイスな どを行う。また、ロンドン市内のドッグスクールで、犬のしつけインストラクターとして勤務。
2009年サザンプトン大学院心理学部動物行動学科伴侶動物行動カウンセリング専攻卒業。卒後ディプロマ(専門医資格)を取得。
現在は日本に帰国し、海外での経験と資格を活かして活動中。

大谷伸代 (おおたに のぶよ)

麻布大学獣医学部講師。JAPDT事業企画委員 JAPDT理事。
大阪府立大学農学部卒業。同大学大学院博士課程修了。日本学術振興会特別研究員、東京大学大学院農学生命科学研究科特別研究員、高等応用動物研究所主任研究員を経て、2007年4月より現職。専門は神経生理学、介在動物学。獣医学博士、獣医師。