第14回カンファレンス講師紹介・講演概要

第14回カンファレンス

講師紹介・講演概要 、順次更新していきます。
プログラムはコチラです。

講師紹介 講演概要
Simone Pohl(ジモーネ・ポール)
ジモーネ ポール
PRO-DOGホームページ
https://www.hundeschule-pro-dog.de/
ドイツベルリンにあるドッグスクール&ドッグトレーナー養成学校「PRO-DOG」オーナー、ドッグトレーナー、ドッグビジネス統括責任者、ドッグ・エデュケーター&ビヘイビア・アドバイザー(IHK/BHV認定)、飼い主免許試験官(BHV認定)
※IHK:商工会議所
※BHV:連邦ドッグ・エデュケーター&ビヘイビア・アドバイザー職業協会

得意分野:ヤングドッグ、上級トレーニング、トリック・ドッグ、アジリティ

犬の教育に関する豊富な専門知識を持ち、ドッグトレーナー養成において様々なテーマでのセミナーを定期的に開催。情報収集と知識に関する興味はとどまるところを知らず、継続的に最新の科学情報更新を怠らない。

仮)インパルスコントロール No.1,2

仮)攻撃性について No.1,2

仮)狩猟本能による攻撃性 No.1,2

アルシャー 京子 
アルシャー 京子
獣医師、保健学士、ドッグ・ジャーナリスト、獣医学/農学専門独日翻訳・通訳・リサーチャー、犬の飼い主免許実技試験官(ベタリナリー・ワーキンググループ:TAG-H 認定)。
杏林大学保健学部を卒業後、化粧品会社を経て医薬品・食品・動物飼料研究開発会社の研究職に従事。ニュージーランドでのワーキングホリデーを経験後、98年にドイツへ渡り獣医学の道へ進む。
ドイツ・ベルリン自由大学獣医学部在学中に市内獣医局動物保護専門獣医師の元で修行しながらサーカスの野生動物の飼育管理システム作成を手掛け、卒業後は同学部動物行動学・動物保護研究室に3年間所属。犬をはじめとする家畜から野生動物にいたるまで動物全般を対象とした動物福祉をテーマに、いろんな形で日独の橋渡しを手掛けている。犬と動物と自然を感じるときが幸せ、動物のいない生活には耐えられない。
犬雑誌「Terra Canina」編集責任者 http://terracanina-magazine.net/
犬ブログ「犬曰く」 https://inuiwaku.net/
仮)ドイツの動物保護の仕組み「犬の飼い主免許制度」