勉強会のご案内(2017年)

全7回 「基礎から学ぶドッグトレーナーのための犬の行動学」

「基礎から学ぶドッグトレーナーのための犬の行動学④」
~犬種差・系統差・個体差の行動特性について~

講師:鹿野 正顕 (学術博士)
株式会社Animal Life Solutions代表取締役、JAPDT 理事、CPDT-KA
麻布大学にて、人と犬の関係、特に犬の問題行動やトレーニングの研究を行い、人と犬の関係学の分野で日本初の博士号を取得。麻布大学卒業後、人と動物の関係に関する専門家の育成・普及を目指し、株式会社Animal Life Solutionsを設立。

講演要旨:
現存する犬種はおよそ400種類いますが、それらの犬種は、人の目的に応じた行動特性を持つように改慮されてきました。また、同じ犬種でも系統や個体差も生じるため、同じ犬種であっても異なった行動特性を持つことがあります。今回のセミナーでは、犬種差、系統差、個体差に焦点を当てた、犬の行動特性についてお話します。

日時:7月13日(木)18:30~20:00 (受付開始・18:15~)
料金:JAPDT会員(¥3,000)・一般(¥8,000)
※同時入会可能

勉強会会場:ビジョナリーアーツ専門学校(渋谷校)5F・Vaホール
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町23番18号
アクセス:JR線、銀座線、半蔵門線、京王井の頭線、副都心線、東急東横線、東急田園都市線
「渋谷駅」西口下車徒歩 5分
http://www.va-t.ac.jp/school/access.html

<JAPDT勉強会のお申込み方法>
申込期限:7月12日(水)24:00まで
・下記URLの「オンライン申し込みフォーム」より必要事項をご記入の上お申し込みください。

JAPDT会員用:https://ws.formzu.net/fgen/S25962360/
一般(非会員)用:https://ws.formzu.net/fgen/S63259013/

必要事項記入後、送信ボタンをクリックすると自動返信メールにて振込案内が送付されます。
振込案内が返信されない場合は、迷惑メールやサーバー設定で受信拒否されている可能性が高いので、その際には、事務局まで直接ご連絡ください。改めてご案内させていただきます。
JAPDT事務局:petdog-jp@japdt.com

<予告>
5回・犬の行動発達と適正飼育について
6回・学習の仕組み① 古典的条件付け、馴化、拮抗条件付けの原理と応用
7回・学習の仕組み② オペラント条件付け、反応形成などの原理と応用

※5、6、7、回は8月25日~27日 第12回JAPDTカンファレンスにて、主会場と別に1会場を設けて各日に講演いたします。

————————————–

「基礎から学ぶドッグトレーナーのための犬の行動学③」
~犬の感覚世界と認知機能について~

講師:鹿野 正顕 (学術博士)

講演要旨:
犬の感覚器の構造を正しく知ることで、犬が日ごろ感じている・認知している感覚世界を科学的なデータをもとに再確認します。

日時:6月15日(木)18:30~20:00  (終了しました)
場所:ビジョナリーアーツ専門学校(渋谷校)5F・Vaホール

————————————–

「基礎から学ぶドッグトレーナーのための犬の行動学②」
~犬の個体行動・社会行動それぞれの犬の特性について~

講師:鹿野 正顕 (学術博士)

講演要旨:
犬が人間社会でストレスなく幸せに暮らしていくためには、犬の習性に配慮し本能欲求が満たせる飼い方を飼い主が心掛けなければなりません。今回のセミナーでは、犬の個体行動・社会行動への理解を深め、犬の習性を考慮した飼育方法や使用環境の設定方法についてお話します。

日時:5月18日(木)18:30~20:00 (終了しました)
場所:ビジョナリーアーツ専門学校(渋谷校)5F・Vaホール

————————————–

「基礎から学ぶドッグトレーナーのための犬の行動学①」
~犬の行動特性への理解を深める~

講師:鹿野 正顕 (学術博士)

講演要旨:
犬の福祉に配慮し問題行動を予防するためには、犬の行動特性への理解を深め、その行動特性に配慮しながら人社会で受け入れられる教育をする必要があります。しかし、科学的にわかってきた犬の特性は未だ広く認知されておらず、現在でも昔ながらの解釈で犬の行動特性を理解している人は少なくありません。今回のセミナーでは、飼い主教育の専門家としてドッグトレーナーが知るべき、犬の行動特性やその特性に応じた人の接し方や関わり方についてお話します。

日時:4月13日(木)18:30~20:00 (終了しました)
場所:ビジョナリーアーツ専門学校(渋谷校)5F・Vaホール